宇宙診療所 健在か?

個人セッションの際に脳内映像で何かを見てもあまり検索しない。

調べない。


妙な意味づけをする癖がつきそうで、それを無意識に避けたいようだ。

普通は「意味を知りたい」という欲求が沸き起こるのだと思うし、その気持ちもわかるような気がしている。

私も他のことは知りたいという欲求が働く。

が、この手のことは知らない方が私自身には良いような感じがしているだけです。


そんな私も初めて(? なんぼなんでも初めでじゃないわ)

脳内映像を検証した。


以前見た脳内映像を数少ない人に話したら

その話を聞いた全員が「居るよ」と当たり前に返事が返ってきた。


えっ?そんなに当たり前のことなの? と私がビックリしたもの。(笑)


ということはウチは宇宙診療所風になっちゃわないか?と思ったもの。



そして、今日、

(う~む これは初めてだ。これまた・・・・)という脳内映像が浮かんだ。

それを相談者さんにお伝えして、これはその不思議業界ではまた当たり前に居ると言われているのかどうかは知らないことも伝えた。


2人で、これは不思議だ。と話した。

今までは(これをどう理解したら良いんかな?)と思うと楽しいとか楽しくないとかいう感じではなかったんですが、今日はこの話をしている間も楽しかった。


ちなみに、今日はヘッド&フェイシャル経絡トリートメント(頭とお顔のリフレクソロジー・フェイシャルキネシオロジー)を統合心体カウンセリング™ に組み込んだ。

この「うちは宇宙診療所なの?」という脳内映像はこちらの手技の最中に浮かんだ。




そして、結論を書くと、私の脳内映像を、画像にされている方が居た。

その画像をブログに使っている方がいた。


その似方は、私がこの画像を以前見て、今日施術中に急に思い出したのか?というほど似ていた。


相談者さんにはその画像をお送りした。



今日の対話の内容や、気づき、感じた事などなど オールひっくるめて

今後、相談者さんの生きやすさに繋がることを願っている。

途中経過は後になったら笑い話になる。


将来一緒に笑いましょう(^^)




Stefan KellerによるPixabayからの画像