ステージが変わった。お一人の軌跡。

大変な時期が終わり、落ち着いたらステージが変わられていました。

大変な時期にずっと施術、セッションを受けて頂いていました。主に「こすも」です。

そして、先日1つの段階は卒業されました。

その感覚はお客様自身の発言によると「ステージが変わった」。

ちょっとやそっとのステージが変わった感ではなくて、もう全く違うとのこと。


私も施術の際に身体に触れるのですが、もう全く違います。

私の脳裏には「成熟」という言葉が浮かびます。

大きな幹から大きな枝葉を広げているようです。

その幹は成木です。


卒業までの変化は尻上がりでした。尻上がりという言葉は失礼な意味ではなくて

しんどい時期を過ごしているときは「あと何年これと付き合うの?」と気が遠くなったそうですが、結局蓋を開けてみたらあっという間でした。

おそらく多くの人が到達したいステージに入るまでにたったの1年でした。

後半がぎゅーーーーんと伸びました。(視覚化はできませんけれど)


しんどい、もう嫌だ・・・・という大変な時期から1年。

大切な人生の中の1年。

心の調子も良い、体の調子も良い、びっくり仰天な内面の気づきもあり、

でもそのびっくりも過去のことなので忘れつつあり、今を生きて、今が幸せだと言う事です。


見て見ぬふりをしながら数年、いや、数十年が経過することがあります。

それも1つの選択です。

一生これ(しんどさ)に付き合うのかと気が遠くなっていたと思ったら1年でした。

5年くらい?どころか、キュッと短縮された1年。


「ありがたく、この幸せを頂くことにします。大切にします。」とおっしゃっていました。


そのお気持ち、わかるような気がしています。


最初書こうとしていた内容は他のことでしたが、「お一人、上がりました」という感覚が印象的でしたので今日はこの記事を書きました。


ご自身と、わたしを信用してくださいまして、ありがとうござました。

心から嬉しく、そして沢山の体験をありがとうございました。

一度、お礼を書かせていただきます。

これからも、必要な時はいつでもお越しくださいませ。楽しみにお待ちしています。



こちらの著作権フリーの画像は、ペルジーノ作「聖ペテロへの天国の鍵の授与」というタイトルだそうです。

この鍵をもらっている作中の人物もステージがあがる瞬間でしょうね。


この記事のお客様のステージ感のときに「天国」という言葉とは少し異なる気がしますので次の画像をアップします。


自分が変わったら世界の見え方が変わる。というイメージにはこちらが近いような感じです。



日頃見ているものが、もう全く変わる。という感じです。


当初書こうとしていた記事は次の機会に書きます。

沖縄と名古屋で自分の内なる宇宙を思い出す総合施術・ヒーリング「こすも」™️

各種キネシオロジーとフェイシャルキネシオロジー、オステオパシー、タッチによる「内なる大宇宙につながる総合施術・ヒーリング【こすも】」を始めました。本来の自分と乖離しているように感じる方に「内なる宇宙」を思い出し、内外の統合を取り戻すサポートをしています。「自分の生」「純粋な感性」「自分との調和・統合」の体験をオススメしています。自己内外一致で生き易くなります。 心理・心体カウンセラー™ 武田美紀。