気持ちの切り替えが早くなる理由

名古屋での総合施術「こすも」のあと、ご自身の変化について教えてくださいました。


「気持ちの切り替えが早くなった」ということでした。

この変化を伺って、嬉しく思いますし、良かったな~と思っています。

施術・セッションで何が起こったのでしょうね。

今日はそのようなことに触れていきます。


人間には感情があり、感情にもエネルギーがあると言われています。

エネルギーの捉え方としては、

・神経回路内の電位や電流

・脳内のニューロネット(神経線維網)を伝播するインパルス

このような専用の機器で計測できる切り口もあります。


私が書くと、学者ではないので抽象的になり、体感覚に基づいた見解が主になりますのでご了承ください。


気持ちの切り替えが難しい。

1つの思考に囚われて堂々巡りをしてしまうときには、思考の中に1つの磁場が生まれているようなイメージでお伝えします。


堂々巡りをしているときは、この磁場に囚われていると想像してみてください。


上記の神経回路のなかに あなたの思考を捉えて離さない磁力があると思うとイメージしやすいですか?その磁力は感情のエネルギーとしての電位や電流により発生したと仮定します。

そうすると思考に偏りができ、ますます特定の磁場が強くなります。


一点に集中して、広がりというものが閉じてくる。


施術・セッションにより自律神経系統が整ってくるのですが

その働きかけがこの「磁場」を中和させていると聞くと違和感はありますか?


思考を捉えている磁場が解放されると、堂々巡りが収まり、視野が広がり、気持ちの切り替えが早くなる。


私には科学的な立証できませんが、「感覚的」にはこのようなイメージは非常にしっくり来るんですね。



脳内(体内)の磁場の影響を、
「気」の滞りと書いても良いのだけれど。

沖縄と名古屋で自分の内なる宇宙を思い出す総合施術・ヒーリング「こすも」™️

各種キネシオロジーとフェイシャルキネシオロジー、オステオパシー、タッチによる「内なる大宇宙につながる総合施術・ヒーリング【こすも】」を始めました。本来の自分と乖離しているように感じる方に「内なる宇宙」を思い出し、内外の統合を取り戻すサポートをしています。「自分の生」「純粋な感性」「自分との調和・統合」の体験をオススメしています。自己内外一致で生き易くなります。 心理・心体カウンセラー™ 武田美紀。