クンダリーニ 6 おまけB

映画の中では、チューニングの結果は不調



先日上の映画の中の装置をご紹介した。


その記事はこちら。




今日は視覚映像についてではなくて、自分に合わない脳の使い方をすると不調が現れるという引用にこの映画をご紹介する。


年齢なり、発達段階なりのその時、その時の脳の状態がある。

色んな刺激を受けて、脳は生まれた状態から大人へと変化していくから、刺激やストレスというのは大切だとおもっている。

しかし、その時のご本人とあまりにかけ離れていることは成長とは異なる、不調を生むこともある。



子どもがオリンピック選手と同じ体の動きができるか? と言う事と似ている。

子どもがいきなりベテラン医師と同じ手術(オペ)が出来るのか? と言う事でもいい。


大勢の中には、少ない一定数 生まれついて能力がある子もいるかもしれないが、おそらく、出来る子は無理せずやる。

出来ることが当たり前だから。


映画の中の「ヒトの脳を感じる」捜査員?は軒並み不調が起きている。

一応、映画の中の設定としては、「適性があり、出来る人」から選ばれているはずだが、「出来る事と脳に負担がかかり過ぎる」事はまた別の話だ。




どうぞ安全に。というのはそう言う意味です。




タバコやアルコールなどを含め他の何であれ、健康を阻害する因子になりますよ。

自己責任でお願いしますよ。という前置きがあるのと同じ。


健康を阻害することだってあるということに尽きる。

なんであれ。



普通って最強

ところで普通ってナニ? ということを書くと長くなるので割愛。


少し前に、友人に送ったメールに「普通って最強」と書いた。


誰でも最強だし、最強という考え方がそもそも比較の上にあるので、なんなんだけど、

言い換えるならば「普通ってとってもとっても愛おしい。素晴らしい。尊敬にあたる。」ということです。


先日、友人を祝福したい話を聞いた。とっても愛らしい。生きている!という喜びを感じた。

それは、一見何でもないことのように思える方もいるかもしれないが、とても尊い事だと感じている。

人と関わり合って、自分を表現していくって、人前に出ることがそれじゃなくて、日々の生活の中にある。


それを実践している彼女は最強だ! ♡


私までとても幸せになった。

幸せのおすそ分けで、こんなに幸せな気分を味合わせてくれてありがとう。

ということは彼女は存在だけで周りを幸せにしてくれたということに他ならない。


こんなことが一見普通に見えるのかもしれないけれど、最強と言いたくなることだ。


クンダリーニの経験の有無など全く関係ない。


こんなのが、「それはそれ、これはこれ」と思える理由だ。



特殊な事のように思えることだけを崇高に感じる事は簡単だ。

その奥に

いや、その次の段階に、日常の中にいかに崇高さが溢れているのかを感じるようになる体験があるのかもしれない。



解離ではなく、統合してゆく。

そう、こういたことも全て、解離していきたいのか(ヒトと違いたい私)、統合していきたい(フラットになる)のか?という意識の持ち方1つだろうと思う。


近くのものに全て含まれているのではないか?と以前も書いたことがある。


普通。と思われるような事の中に、どれほど多くの光やキラメキのようなものが宿っているのか? と気がついた時にわたしの身体は喜びの反応を起こす。

細胞が活気を増す。


こんな気持ちや感性が育ったことが驚きだし嬉しい。


おそらく「覚醒」ということは、ナニモノかになって解離していく事以外にも意味がある様に思える。

そこにマジカルな意味合いがある方がイベント的で興味をひきやすいし、承認欲求が反応することは確かだろうけれど、この辺りのニュアンスは今の私には表現しきれない。



生きるのがシンドイなぁ と感じる方へ

生きるってなかなかシンドイし、人生って長いなぁ なんて昔は諦観気分満載だった自分がこんなことを書く日がくるとは非常に感慨深い。


シンドイ時期でも、「死ぬときは『あぁ生き抜いた。やるだけやった』と思えたらいいな」とは思っていたが、そのめどは当時無かった。

めどはないが信念のようなものはあった。それはまるで、空元気ならぬ、空勇気だったような気もする。



だから、人生に何かを探して、空虚感がある方には人生を楽しむため、ラクになるために

私的には自分の経験を踏まえて、修行ではなくて、広範囲のストレスケアをお薦めする。




長くなったけれど、おまけにはこんなことを書いておきたかった。


このクンダリーニシリーズのほんとの終わりのつもりです。


今日も、お付き合いありがとうございました。


セルフケアもお薦めです。

  ↓

自分の内なる宇宙を思い出す総合施術・ヒーリング「こすも」™️

各種キネシオロジーとオステオパシー、タッチなどの総合施術による「内なる大宇宙につながる・ヒーリング【こすも】」を始めました。本来の自分と乖離しているように感じる方に「内なる宇宙」を思い出し、内外の統合を取り戻すサポートをしています。「自分の生」「純粋な感性」「自分との調和・統合」の体験をオススメしています。自己内外一致で生き易くなります。 心理・心体カウンセラー™ 武田美紀。