大海の一滴

私は夜 特に深夜PCに向かうことは滅多にありませんが、

記録を残したい衝動に負けて 午前0時を回っていますがこれを書いています。


私は情報として、「すべてはつながっている」「私たちは皆同じでつながっていて、自分とはその中の1つの存在」ということを学習していました。アーユルベーダでも「大海の一滴」というような表現をするようです。

心理学的に書くならば「集合的無意識」という状態です。


私は「こすも」をはじめ施術・セッションを行う際にお客様の感情や記憶やなにか他の情報を得ている機会が多いように感じていましたので、「つながり」についてはすでに体感していたのだと思います。


なんだろう?この体験。と思いつつ、黙々と施術・セッションをしていましたが、どうやらそれは「つながり」ということなのだろうと思い当たるわけです。


しかし、今書いている体験は「私とお客様のつながり」ではなくて

「お客様がその他大勢の方と繋がっている」という感覚で、それを私がおすそ分けを頂いて疑似体験したような体感です。もちろん私もその「つながり」の一員であり、一滴です。

しかし傍から見ている感を優先すると「お客様が繋がっている同じ現場にいる。」というような感覚です。


物凄く納得しました。


「あぁ だからこのように『みんなが繋がっている』ということがすでに言語化されているのだな」と。


「つながり」の感じ方が、個々ではなくて、大勢だという感覚です。大勢というよりすべてということでしょうが。


だから、他者の否定や排除という意識があればあるほど、今回のような「つながり」が感じられないのだということ。shadow(影)の統合が進むことが「安心感」につながるという事。


これは、傾聴だけのカウンセリングではなかなか体感できない領域だと思います。

だからこそ、心体カウンセラー™として、「影の統合ワーク」を考えていますし、shadow(影)の統合ということは深層心理からの安心感ということの目覚めにつながると個人的には確信しております。


そして、この時のお客様から(わたくし武田について)個人的にとても光栄なご意見を頂戴しました。

頂戴したご感想は大切に大切にさせていただきます。


私が心から感謝の気持ちがわくのは、このような体感を得られるという幸運と、

お客様をセッション・施術させて頂くことの恩恵(おすそ分け)を頂けるということです。

どれほど感謝しても感謝しきれません。

ありがとうございます!





沖縄と名古屋で自分の内なる宇宙を思い出す総合施術・ヒーリング「こすも」™️

各種キネシオロジーとフェイシャルキネシオロジー、オステオパシー、タッチによる「内なる大宇宙につながる総合施術・ヒーリング【こすも】」を始めました。本来の自分と乖離しているように感じる方に「内なる宇宙」を思い出し、内外の統合を取り戻すサポートをしています。「自分の生」「純粋な感性」「自分との調和・統合」の体験をオススメしています。自己内外一致で生き易くなります。 心理・心体カウンセラー™ 武田美紀。