似てるところが・・・・

遅ればれながら「インター・ステラー」をレンタルDVDで見ました。

以前(結構前ですか?)トンネルの話をこちらに書きました。2話ほど書いたでしょうか? その時の画像はもちろん私が見たままの画像はありませんので少しでも似たものを選んでいます。

が、しかし、この「インターステラー」の時空の隙間に入って「うわ~~~~」とか言いながら移動するさまがトンネル体験のときの状態に非常に似ている。


そもそも私はSF映画が好きなので、私の脳内映像は独自クリエイトもありますが、過去のすでに見たことのある映像にも影響されています。当たり前ですが。

しかし、しかし、私がこの映画を見て これは!!! と思ったのは、私が感じた体感覚と映画の中のスピード感が似ていたことです。

私の場合は、ドンネル状のものは横方向と縦方向でしたので、映画の中のように「落ちていく」というものではありませんでした。



お客様が単独で入っていかれる(もちろん脳内イメージです)トンネルは、入り口を私は見ることができますが中はわかりません。

一緒に移動?するような時は、この写真画像のように静止していることはなく「びゅーーん」とマッハで移動です。

時には「びゅーーーん」もなくて「瞬間的に次の場所にいて、移動感は無いが景色は違う」ことも。


本当に人間の脳内活動は興味深いです。