独特のアンテナ

先日、年々楽にはなっているけれど、でもまだ残ってる感のあるストレスの課題についてお話を聞いている最中
海の仕事をしていた時に立っていた独特のアンテナがあった頃と限りなく近い脳内映像が浮かんだ。
(見え方が非常に似ている。の意)

この映像がキネシオロジーでOFFが出たトピックと関連があるのか無いのかは神のみぞ知る。と考えて 取り立てて何か特別なことはしない。

引き続き、静かにお話を聞いていた。
そして、そのOFFのバランス調整をしている最中に、その(私の脳内に)浮かんでいた映像が消えていった。

まるで私が自分のバランス調整された時の様に。

施術、セラピー、心体カウンセリングをすると、双方良くなる㊗️ と言うのは体感覚からの自論ですが、まるでそれを 具現化(本当は具現化してない。脳内映像だから)したかの様な体験で、
こんな形でくっきりと脳内映像と直結したのは初めてでした。

脳内映像は今までも色々あったし、バランス調整・整っていく過程を視たり感じたりしたけれど、それはあくまでもクライアントのバランス調整の風景であったし、「あぁ整ったな」と感じる際にも あくまでもクライアントの状態としてだった。

この体験をした時は、もっと感覚が我がことに近かった。

OFFがONに変化する過程を感じた。

まるで私がバランス調整された様にも思える映像で。

または、クライアントの脳内映像の変化をそのままそっくり アンテナで受信したみたいに。


コーチングやカウンセリング、キネシオロジーや他の諸々を始めるもっと前の、全く関係の無い仕事をしている時に この独特のアンテナが立ってた。

「今はそのアンテナはどうなっているんですか?」と質問を受けましたが、実は私にはわかりません。

コントロールした結果アンテナ📡の様なものを感じたわけでも無いし、何かを観ようと思ってみてたわけでも無く、もれなく観えるという
お得なんだか、面倒なんだか という感じだった。

ただ、接客には役立った。


海の仕事をしていた時の、独特のアンテナの話をこの同日の数時間前にしたので、感覚が蘇ったのかもしれないが、お話をお聞きしている方との相性もあるのかも知れない。
正確には、海の仕事をする前、
グレーのスーツを着て仕事をしていたサラリーマンの時からアンテナは立ってて、それなりに面倒な感じだった。

人間嫌いの原因だったと思う。


人間って面倒だなぁ って辟易していた時代だった。


知らなくて良いことを知ったり気づいたりするのは正直楽しいもんじゃなかったけれど、結果今の仕事にはその時の体験は役に立ってる。


そう、月日が経って、
その「人間って面倒だなぁ」がイヤじゃ無くなってみると、別になんてことないことだという驚きの変化があるもんですね。


ただ、この独特のアンテナは
危険と隣り合わせの海の仕事の時にはとても便利だったのは確かだ。

そして、海の仕事の時と、スーツを着て仕事をしていた時の違いは、

アンテナの感度の高さと、それを自分であえて使うような感覚だ。


安全かどうか知りたかったから、
それを独特のアンテナで確認していたからね。


人様の命に関わる時以外は

あえて使わない。ということを選んできた。

感じるものはしょうがないけど、敢えては使わない。


それを得意に思うよりも、よほど多くの面倒や厄介があることを知っているつもりでいたから。


人間の心は弱いもんだし、足元も救われる。

その経験も 人間らしさ だと思ってはいるけれど。


こういった感覚を得意に思わなくても、あえて使わなくても

人間の幸せはくるし、感じる。


そういったことを学んできたような気がする。


とてもいい経験だと思っている。



ただ、この先はどうしようかな?と少しでも思う自分が出現してきたことは興味深い。




答えは今は無い。






自分の内なる宇宙を思い出す総合施術・ヒーリング「こすも」™️

各種キネシオロジーとオステオパシー、タッチなどの総合施術による「内なる大宇宙につながる・ヒーリング【こすも】」を始めました。本来の自分と乖離しているように感じる方に「内なる宇宙」を思い出し、内外の統合を取り戻すサポートをしています。「自分の生」「純粋な感性」「自分との調和・統合」の体験をオススメしています。自己内外一致で生き易くなります。 心理・心体カウンセラー™ 武田美紀。