火の鳥

深層リンパドレナージュだけがご希望でしたが

お付き合いが長いクライエントさんで、今年の締めくくり的ご予約でしたので

年末12月のサービスで、カウンセリングをいつもより長めに行いました。


対話のみで、調整はしていません。

が、

じっくりお話を伺った後は体の反応はかっちり強いONでした。


カウンセリングに必ずキネシオロジーをしなくてはならない訳ではなく、

特にこの時は、キネシオロジーではなくて、深層リンパドレナージュが良いというクライエントのご希望もありましたが、お話を伺う・対話だけでバランス調整が終わることは少なくありません。


そして、対話でバランス調整が終わったような感じでしたが

その後、深層リンパドレナージュを行いました。


その時に初めての映像が脳裏に浮かびました。


なんとまぁ これ。

これは私がクライエントに「このような感じで見えました」と書いたメモ。イラスト。


黒ボールペンのメモを、赤く縁取りました。

理由は「火の鳥」だったから。


こんな風に見えましたが、細かいところは記憶なのか、自分で「火の鳥ならこんな感じかな?」と創ってしまったところがあるかもしれません。


ということもクライエントにはお伝え済みです。


そしたらですね。

私はそのお話を伺っておりませんでしたが、

この日、我が家にいらっしゃる道すがら、または、ご予約いただく前から

「火」についてお考えだったそうです。


そういったお考えになっていた「火」が

私には「火の鳥」となってイメージが伝わったんでしょうか?(◎_◎) と二人で盛り上がりました。


今年も大変お世話になりました。

来年も一層のご多幸を祈っております。