いざ、香港最強説もあるパワースポットへ登る


この、トレッキングコースの入り口までも相当な急こう配を登ってきました。

ようやくスタート地点か・・・・(-_-)

そんな気もち。

トレッキングコースにはゴミ箱やベンチは置いてあります。

腰かけて座っているこちらの居住者の方もいました。


なんと!この急こう配をジョギングしている強者がいました。

ジョギングは主に西洋人の方。

この写真の東屋のようなものは途中にはなくて、

公衆トイレも使用禁止になっていたので、お手洗いは済ませてからトレッキングしてください。

写真で、もっともっと傾斜がわかればいいのに。

これは画像よりよほど急こう配です。

ずっとこれが続く。

これよりキツクなることはあっても、ゆるくなることは少ない感じでした。


私は晴れの日でしたが、

雨の日の下りって ツルンと滑らないかな。


靴によるのかな。

私の赤いスニーカーは滑りがちなので、晴れててマジ良かったです。

シンドイ。

しんどいのでちょっと休憩。


折角だから写真を撮った。


先はカーブになっていて、つづら折りのようになっているのですが

どうせまた急こう配なんでしょ(-_-) とやけくそになっている。

視界が開けてくるとテンションもあがる。


この先もっと視界が広がったのですが、この時すでに喜んでます。(笑)

あぁ、登山とか、トレッキングとか楽勝タイプでは全然ないんだけど(筋肉質ってこんな時不利なんじゃないかと思う時がある。痩せてて、筋肉が無い感じの方はスイスイ気楽に歩いているように見えるし、当人も「全然平気~♪」とか言うし。)、でもやりたい。




デカすぎる顔ですみません。


これは何が言いたい写真かというと

山だし、香港も冷え込み始めたみたいだったから

この上にロンTとネルシャツを着ていて、パーカーは早々に脱いでリュックに入れていました。

しかし、尋常じゃない暑さに

サイゴにはタンクトップになりました。


汗だく。


このトレッキングに慣れていそうな皆さんも

薄手のパーカーを腰に巻いて、ほぼタンクトップ1丁。

リュックも背負ってない。または小さめでした。


それが良いと思う。


リュックは小さい軽いものがいいよ。


当初乗る予定もあったピークトラムが走ってきたときには感動した。

ここはもう随分と山の上です。



正面からみると ↓ こうらしい。


これはフリー画像からお借りしています。


あ! 見えた! と思いました。


実は、以前の記事にも書いたけど

私のiphoneがWi-Fiも拾ってないし、データ通信もしていないのに

GoogleMAPがずーーーーーっと動いていて、

順調に登っていることは知っていたんですが

建物が見えた時は、良かった~~~~と喜びました。

ほらね。

ひとまず、やれやれ。

私が、この後不思議なルートを歩き出したのはこの看板のせいです。


これは、今私が立っているところから、上に見えている建物までもう一段階あがったら獅子亭観景台が確かにあるんですよ。

非常に分かりやすい場所に。


しかし、今私が立っているこの階層では看板の通りにあるいても獅子亭観景台は出てこない。

絶対的に、もう一段階上がる必要がある。


しかし!

私すなおですから。歩き出しました。

その先へ。

建築材(香港では鉄筋とかの鉄製のもので建築現場の足場は組まないです。使うのは竹ですよ。

街中でもあちこちでビルを再建築していましたが、足場は全部 竹!)


この先の高級住宅エリアに出入りする高級車と狭くてすれ違えない山の一本道。

バックし続けるトラックでした。

この辺りで、さっさと右に上がっていたら、

この先の「楽しい予定外」は無かったんですが、

結果、非常に楽しかった。


山の下の方から設定したルートで登ってきて、

看板の意味を読み違えて またぞろ歩き出したんです。


しんどかったけど、登ってしまったら体は楽だから

調子に乗ったというか、もうちょっと歩きたかった。


で、スクリーンショットを見て頂ければわかりますが ルートからはずれていますでしょ。


登っている最中も

なんで電波も拾えるはずがないのにマップがいつまでも使えるの?と思っていましたが

ルートを外れてもなお使えるので 

どこまで使えるのか楽しみになってきましたわ。




この辺りを、リュックを背負って歩いているのは私一人。

トレッキングファッションのヒトも皆無。


あるのは高級住宅ばかり。


山影で風がそんなに当たらなかったのに、

開けたものだから風が一気に冷えました。


道端で抜いだシャツ類をいそいそと着こんでいたら

トレッキング姿の男性が2名やってきたんです。


正直、引き返そうかと思っていたけど、この先、何かわからないけどこの先を目指すお兄さんたちを見て、私も目指してみることにしました。(笑)



そうそう、

いつまでもGoogleMAP先生が使えるものだから

Wi-Fiも借りていないからこそ、

モバイルデータ通信で読みこんじゃってんの???!!!(◎_◎)


それって予定していない大出費とかになるの???? と何度も確認しました。


しかし、やっぱりすべてOFFになってるし

電波も拾ってない。


龍脈パワー? 

なんなの???




服を着こんだり、

スマホが使える不思議現象をスクリーンショットしたりしていた時に

ふと空を見上げたら 真上だけこんな雲。


何雲?


こんな時に理科が得意なら、

自分がいる山の地形だと、なんやら気流によって この場所にはこの〇〇雲が発生します。とか理解できるのにな~と考えていた。


やっぱ勉強が身に沁みついていると楽しさも広がるのでしょうね。

私は直ぐに限界がきますけれど。




現場の足場がここでも竹でしょ?


私は香港のこの竹方式はすごく好き。



この続きは次回。


短い時間でしたが、心強いトレッキング仲間が増えました。

沖縄と名古屋で自分の内なる宇宙を思い出す総合施術・ヒーリング「こすも」™️

各種キネシオロジーとオステオパシー、タッチなどの総合施術による「内なる大宇宙につながる・ヒーリング【こすも】」を始めました。本来の自分と乖離しているように感じる方に「内なる宇宙」を思い出し、内外の統合を取り戻すサポートをしています。「自分の生」「純粋な感性」「自分との調和・統合」の体験をオススメしています。自己内外一致で生き易くなります。 心理・心体カウンセラー™ 武田美紀。