香港旅行記 沖縄から香港到着まで

一気に旅行記を書いていないと、

どんな流れで書こうと思ってたんだっけ?と頭がついてこないものですね。


ついさっきまで、「宇宙の地平」とか宇宙論とか量子力学とかなんて言葉を使って記事をホームページに書いていたので、割合すんなりと切り替わらない感覚です。


こんな時は、写真をシェアしてみます。


香港空港、このあと入国審査に並びました。


入国審査あたりは撮影禁止なので写真はなし。

入国カードの書き方も香港に行く前に目を通していました。


飛行機に搭乗して すぐに入国カードを配っていたのですが、私の席の向こうの通路を紙をもってあるくCAさんは見たけど、こっちに来たのかな?

中華まんの外側がパン生地のような軽食と飲物を貰ったり、なかなか目の前のスクリーンが映画を見られるモードにならないとボタンをチャー押し(めっちゃ押しまくり)していた時前に来てたのかな?


搭乗中、一睡もせず目をあけて映画を見ていたつもりだけど、ふっと眠気が襲ってきたときに記憶喪失になっていたのかもしれない。


機内ではレンタルビデオ店で貸出中で在庫がなかった「DEAD POOL」がやっていたので、ラッキー♪でしたが、下品だし、バイオレンスシーンがあるから嫌いな方はご注意を。

生きの飛行機は「DEAD POOL」「DEAD POOL2」「ザ・プレデター」など新し目のハリウッド映画は7本程度だったかな。クラッシックや、香港航空おすすめというジャンルもありました。


帰りの飛行機で「DEAD POOL2」を見ようと思っていたのに、なんと上映リストに無い!

即刻「ザ・プレデター」を見ました。

帰りは沖縄空港が混雑していて上空で待機した時間があり、ミッションインポッシブルも少し見られました。


沖縄と香港は近いので、映画を2本は見られない。



飛行機が到着したビルから、ターミナル間をつなぐ電車で移動。

目の前の西洋人のお兄さんがじっと何かを見ていたので、私も見たらば

青い消火器がありました。


国が違うと色が違うんですね。





香港に入国したら、空港で香港ドルを用意して、オクトパスカードを購入しました。

それは、前回の記事でご紹介しています。

下の写真のエアポートシャトル(電車)も日本で乗車券を34%引きで手に入れて、QRコードの用紙を印刷していきましたのでさっさと街中に移動。


エアポートシャトルは3つの駅しか止まらないし、私は終点の香港駅でしたから余裕で車窓の景色を楽しみました。


台湾の風景を思い出しました。

台湾空港から街中へ移動する際に利用したシャトルバスからの風景を思い出したな~


あ~~台湾もまた行きたいなぁ



香港島に到着。

毎回、印象が違う香港ですが、今回はじめて 好きになりました。

嫌いだったわけじゃないけど、地図が頭に入って、自分がどこに居るのか把握できる脳内GPSが稼働すると「愛着」がわくんですね。


干支が二回り?ほど昔に来た時は、ペニンシュラホテルまで徒歩で散策にいって、行列のできるラウンジというのか、カフェというのかに行ったり、どこだったのか街中のファッション街などを歩いた記憶がありますが、とにかく当時はトイレ事情が悪かった。 

今回自分で事前に調べても、実際に私が居たエリアでもトイレ事情がもうまったく改善されていて安心しましたよ。

進化したのでしょうね。それか、当時は今ほど情報を集められなかったか。


オクトパスカードも買ったから、バスも乗る気まんまんでしたが、結局公共のバスは乗らずじまい。

無料のホテルの送迎バス以外は、自分の足で歩きましたし、

ヒルサイドエスカレーターというものが利用できるエリアに重点的にいたので、エスカレーターは何度も利用しました。


その写真はまた次回。



自分の内なる宇宙を思い出す総合施術・ヒーリング「こすも」™️

各種キネシオロジーとオステオパシー、タッチなどの総合施術による「内なる大宇宙につながる・ヒーリング【こすも】」を始めました。本来の自分と乖離しているように感じる方に「内なる宇宙」を思い出し、内外の統合を取り戻すサポートをしています。「自分の生」「純粋な感性」「自分との調和・統合」の体験をオススメしています。自己内外一致で生き易くなります。 心理・心体カウンセラー™ 武田美紀。