龍脈の上だった? 香港旅行記 旅に出る前準備編

いきなりですが、今後旅のことをこちらの「こすも」サイトに書くことにしました。

元々「マジカルツアー」というカテゴリーがあったことを思い出し、旅関係はこちらにストックしていきます。マジカル・不思議がなくても。(笑)

ということで、旅行に行かれる方の準備にもお役に立てる内容も書くことにします。


++++++++++++++++++++++


元々、香港で済ませたい事がありました。

ネット社会の今、行かなくても要件は完了するんだけど、費用はかかっても行った方が完了が早いので思い切っていくことにした。

予備日を設けていたので、有効活用して散策した。


今回は航空チケットとホテルをまとめて予約した

最近は、航空チケットとホテルはバラで予約してばかりです。

ですから最初は航空チケットと、ホテルはそれぞれ探していましたが、合算するとツアーを申し込んでも同額なので、エクスペディアで予約しました。


これからエクスペディアに登録する方は、下の記事をご参照ください。

私はこのサイトで紹介している割引クーポンは今回初めて知りました。もっと早く知っていたら使えるなら使っていたなぁ。次回から使えるものがあれば使います。

エクスペディアで航空チケットを予約して、すぐには発券されません。

少し時間が経つと、発券されてEチケット完了になるので、旅程表を印刷する場合は、すぐに印刷するよりも、チケット番号がわかってから印刷した方が手間がかからない。


なにより、航空チケット番号が分かった後は、航空会社のウェブチェックインが可能になり、自分で座席指定ができます。エクスペディアの旅程表に記載される航空チケット番号はとっても小さく記載されるのでよ~~~く見てください。

私はリュック1つでしたから、預ける荷物もなく、Eチケットを印刷しておくと搭乗チェックまで直接進みました。


今回は、LCCよりも香港航空がお得でしたので利用したのは香港航空。

ウェブチェックインの画面はこちら。


これは便利だった! オクトパスカード

香港に行くのなら、Suicaなどのように大手のお店や乗り物でチャージ分の決済ができる(チャージもできる)オクトパスというカードを手に入れよう!と旅本にも旅のサイトにも書いてあります。

私は今回、香港島に滞在したので、エクスプレスという特急電車を利用しましたが、このエクスプレスシャトル込みのオクトパスカードがありますが、結局はオクトパスカードだけのものを空港で購入(カード払い不可。現金をご用意ください。HK$150)

帰国の際は、デポジット(返金)をお忘れなく。


参考サイト

エクスプレス運賃はオクトパスカードを使っていない

オクトパスカードもなんだか種類があるけれど、結局のところ、オクトパスカードでエクスプレス運賃を支払ってはいないです。

エクスプレス運賃が安くなるので、日本で香港へいく前にQRコードを手に入れて、念のため印刷していきました。(チケットはクレジットカード決済)

私が使ったサイト以外にもう一社あるので、お好きな方でご購入ください。


改札で、オクトパスカードを ピッ とあてる黄色い板状の部分んQRコードをあてても通れません。

QRコードの読み取り機がある改札を通りましょう。

改札に係員のお姉さまが立っていて、教えてくれる時間帯があります。

印刷したEチケットにQRコードが2つ記載されていましたが、私の場合は、小さい方のQRコードで改札が通れました。

香港島へは、この電車より安くバスでも行けます。

私は時間が限られていたので、早い方を選択しましたが、

ただ、ゆっくりと周遊するのが目的ならバスも十分選びます。

景色もゆっくり見られるし、その国の感じがわかりやすいので、バスも好きです。


今回はエクスプレスの往復割引チケットを事前に購入していったので、飛行機を降りて最初に乗ったバスは、香港駅からホテルへの無料送迎バスでした。(^^)



オクトパスカードに課金する

オクトパスカードにチャージ(香港ではreload(リロードと言うそうです))するのを機械でするつもりでいたのに、実際の2回のチャージはスーパーマーケットでしました。ですから機械は使っていません。チャージする機械がある場所にいくよりもスーパーが近かったんだけど、機械も使って見たかった。

セブンイレブンがあちこちにあるので、そこでもチャージ(リロード)できるそうです。


スーパーのレジは並んでる! 香港は基本、どこも人がいっぱいで、並んでる!

レジで買い物後も、チャージするにも結構並ぶので、イライラせずに並びましょう。

チャージだけならコンビニが断然早い。


そして、小売店(パン屋さんとか)では cash only が多かった。だから、オクトパスカード以外にも現金はあった方か良いし、ホテルでのチップ用にも現金は必要でした。


ここの入場料もオクトパスカードで支払いました。

スカイ・テラス428 | THE PEAK HONG KONG

MENUSearchピーク・タワーの屋上、スカイ・テラスの西デッキは企業や団体がパーティーやイベントを行うのに今香港で最もおしゃれな場所となっています。香港で最も高い展望台、スカイ・テラス428では360度の絶景をご覧いただけます。朝でも夜でも、ピーク訪問時は見逃せない絶景スポットです! ピークを思う存分お楽しみいただくには「Peak Tram Sky Pass」(ピーク・トラム・スカイ・パス)がぴったりです。スカイパスならばピーク・トラムの乗車はもちろん、360度の視野が広がる、香港で最も高い展望台-「スカイ・テラス428」から香港の景色を一望していただけます。ピーク・トラム・スカイ・パスがあれば、ピーク体験をよりお手頃なお値段で楽しむことができます。チケットは ここをクリックしてください(チケットと予約ページへ転送)。 スカイ・テラス428ウェストドックでは、パーティー会場としてのご予約も承っております。あらゆるプライベートなパーティーやビジネスでの集まりのための会場として他に並ぶもののないスカイ・テラス428ウェストドックは、市内で最高のパーティーの開催を可能にします。  『香港スカイツアー』は6つの言語*で利用できる対話型のオーディオツアーです。スカイテラス428で無料Wifiに接続し、指定のQRコードをスキャンするだけでツアーが始まります。香港の建築、街並み、文化、歴史を探索しながら、香港のスカイラインの絶景が楽しめます。『香港スカイツアー』は無料で、スカイテラス428でのみご利用になれます。* 英語/ 北京語/ 広東語/ 日本語/ 韓国語/ フランス語ここをクリック すると今すぐ香港スカイツアーのプレビューを開始することができます!ピーク・トラムとピーク・タワーでは、無料のWifiサービスがご利用になれます。無線を使って、ザ・ピークでの写真や忘れ難い体験をリアルタイムにお友達と共有できます!香港島の頂上で自然の息遣いと大都会のエネルギーを感じた後 は、大切な人々へのメッセージや願い事をカードに書いてみまし ょう。完成したカードはスカイ・テラス428にある大きなハート型の願い事コーナー「ピークでアイラブユー」に吊るすことができます。記念撮影もお忘れなく!場所 スカイ・テラス428 Keep up to date with all the event

www.thepeak.com.hk


自分の足であるく散策をメインにしたので、行く前に結構楽しみにしていたバスも地下鉄も乗っていません。あと1日、2日滞在していたら絶対乗ってた。

オクトパスカード便利だった。


入国カードの記入例

念のため


あなたの旅のスタイルによって宿泊ランクが変わる

香港のホテルは高くて狭い。これが常識らしいです。

じゃあ、宿泊費を安くしようとすると、お湯もでないとか、シャワー室の排水がわるくて汚水があふれ出るとか、フロントの場所がわからないとか、エレベーターが動かない、部屋が違うとか、安さを追求するとこうなるようです。


度胸はつくよね。(笑)

ドミトリーなどは、宿泊者と交流できるから楽しい。(安全管理は大切に)


私は夜は基本出歩かないため、滞在する部屋はある程度は大切なので安宿は回避。

しかし、日程を選べばエクスペディアなどでもセール価格で予約できます。


ホテルだけの価格を研究したいのならこちらでどうぞ。

こちらのリンクから登録すると 2,000円分プレゼントされます。


帰りもウェブチェックインをしたら、QRコードを見失った

帰りの便もウェブチェックインをしたんです。

Eチケットを印刷できないけれど、メールにQRコードが送られてきます。

が、わたしはうっかりメールアドレスを入力する前に作業を完了してしまい

画面に帰りの便の登場に必要なQRコードが表示された時に スクリーンショットを撮らないといけなかったのに、またまたうっかり消してしまった。


その後はもう、そのQRコードが見つけられない。(泣)


搭乗券が欲しいんだよう!


ということを、帰りの香港航空のサービスカウンターのお姉さんに伝えたら、

空港に置いてある自動チェックイン機で作業したらOKとのこと。

日本語などどこにも表示されていやしないけど、やったらできるもんである。


航空チケット番号を入力したら紙の搭乗券が発券されて一安心。(^^)




お帰りは時間の余裕をもって

そうそう、

香港空港も広いです。

成田のように、メインターミナルから電車乗り場へ移動したり

保安検査場を通ってから、搭乗口まで想像より時間がかかります。

メインターミナルについて安心してノンビリし過ぎたり、ギリギリまで遊んでいると自分の目的地へのターミナルまでの移動時間が足りなくなります。



どの搭乗口付近にもいろんなお店があるので、さっさと目的地に着いておくのを薦めます。


次回はようやく「龍脈」について書きます


今日は旅の準備編でしたので、

次回から、旅の内容編へと進みます。


平坦エリアの香港ならともかく、傾斜エリアの香港ならば

スニーカーが良い。


最初はペタンコ靴ならバレエシューズでも良かったのかな?と思ったけれど

私の場合は筋肉痛になるほどアップダウンを歩いたので

スニーカーじゃなかったら・・・と思うとゾッとしました。


自分の内なる宇宙を思い出す総合施術・ヒーリング「こすも」™️

各種キネシオロジーとオステオパシー、タッチなどの総合施術による「内なる大宇宙につながる・ヒーリング【こすも】」を始めました。本来の自分と乖離しているように感じる方に「内なる宇宙」を思い出し、内外の統合を取り戻すサポートをしています。「自分の生」「純粋な感性」「自分との調和・統合」の体験をオススメしています。自己内外一致で生き易くなります。 心理・心体カウンセラー™ 武田美紀。