多次元の感じ方

私の場合は特に、キネシオロジーの仲間など何かととても詳しい方が多いので、ほぇ〜〜と思う話を聞かせてもらう事が多いのですが
数年前に多次元の話を聞きました。


その時は興味が無いので、ほぇ〜〜と話を聞いているだけでした。子供のころ興味深く4次元の話を読んだあたりでMyブームが終了していたと思われます。

そして月日は流れ・・・・施術を始めてお客様が5次元を感じたと教えてくださるようになりました。

多次元という言葉を使う方と、5次元という言葉を使う方がいました。

私もそれを施術側からは感じました(そのように私が感じた)が、自分がされる側として体験した事がなかったので、「私が感じているコレが多次元という考え方の1つの現れなんだ。へぇ〜〜」という呑気なものでしたので、できるなら私も「いつか体験できるのならしたいものだ」と思っていました。

そんな「いつか」は結構早くきて、
私もヒーリングを受けた時に
一回のセッションの中で「何階層へ瞬間移動」という体感を自分の事として感じたのですね。

幾つもの階層ではあったけど、同じ階層を通過してる事が何度かあったかも知れず、エレベーターの階数表示のように「今はココ」というような数字や表示で現れていませんので、余りに沢山瞬間移動し過ぎてハッキリした数はわかりませんでした。

施術側として「お客様の感じた5次元(または多次元)」を拝見し、
手技を受ける側として「多次元」を体験したこんな私に新たな体験が舞い降りました。

それは、視点としてはもっと広い視点になった様にも感じましたが、
「お客様が多次元に移動していく様」を客観的に拝見しました。
(心眼で見る。という表現にしかならない訳ですが)

毎回この様な事が起きるわけではなく、私とお客様の関係性もあるのでしょうね。

お客様が違う次元から次元へ移動するという様を、視覚的に見る(ような気になったという)体験を自分が生きている間にできるとは思いませんでした。

これまでの多くの体験もそうですが、こういう事があると想定もしてないから、願望もなかったわけですからね。

人生とは面白く、興味深いものですね。

だからと言って、現在は特に情報収集や勉強はしておりません。
この分野については、「感じた事が全て。」で良いかなと。