私が心配、危惧したいたことがようやく書けたかな。でも、もうやめます。

あちこちに文章を書いて

読んで頂く方にはご面倒をおかけしますが

宜しくお願いいたします。


というのも、

この「こすも」のサイトに書いた続きを

アメブロにちょっと書いてしまいました。

流れでそのまま書いたのですが

こちらは老婆心の手前のお話です。


集合無意識で繋がっているという説を取り込むのでしたら

上記のアメブロに書いたような

マジカル写真のような現象は

私が1つの媒体にならずとも、広まる時は広まる。

皆がやりたくなっちゃうわけですからそうでしょう。


ただ、その結果について

私の意図していた事とは違うのだけど・・・・という事が書きたかった。


では、私がこれは「良い」と思っていることが広がると嬉しいわけですよね。

キネシオロジーを広めたいと思って色々活動してきていますが、結果私が関係して広まった事もあるし、私は無関係で広がったこともある。私の前にも多くの広めたい方がいらして、この後も現れます。


ヘッド&フェイシャル経絡トリートメント、深層リンパドレナージュも非常に素晴らしい。

実感が伴うので本当に素晴らしいと思っていますし、広めたいし、広まると嬉しいです。

私の前にも後にも多くの広めたい方が登場して欲しい。(^^)


広まることでは同じだけれど、

多分私が「良い」と思っていることは、お伝えしたポイントを心がけて頂ければ「バランス調整が起こる」「健康へのサポートになる」と実感しているからだと思います。


「相手を思いやる心」「自分のことだけに夢中にならない」

手技を繰り返し行っていたら、遅かれ早かれ湧いてくる気持ちだろうと思うのですが、

でもやっぱり忘れてしまう事があります。

そんなことも思い出すための練習会を行っています。


このような、「先」が想定できるから、安心する。危惧を抱かないという事も確かです。


では、私が老婆心、ある意味、親心にも近いものなのかもしれませんが、

そういったものを抱く類のことについての「先」は明るいものではない確率が高い。と

私が反応している。


きっと親御さんなら、我が子も身内も他所のお子さんも

「どうぞ幸せな人生を過ごして欲しい」と思うような気持があると思います。

私は子供はおりませんが、やっぱり他人様のお子さんだって

「どうぞ幸せな人生を過ごして欲しい」と思いますもん。


ですが、私もそうであったように

辛い、苦しい、選択は違っていた、馬鹿だった。と思うような出来事は

人生にはあるし、

それによって成長を促すことが多い。


私が勝手に 良い「先」に繋がらないだろう。と推測したことについて

今までは、やはり「危ないよ」と言いたくなったんですね。

元からギャーギャーという性質ではありませんが

(ギャーギャー言わない代わりに昔はブログに書いた!? 苦笑)

時々は言う事があった。


それがどんどん減ってきて

「私もいろいろ経験して勉強してきた。

それが今は良かったと思っている。

少々それについて『う~む、それはどうだろう・・・』と私が思うようなことがあっても

本人が気がつく、本人のその選択を尊重するという事はとても大切なことだ」

「沢山学んで成長する。少なくとも私はマズかったことから沢山教訓を得た」とシフトしてきて

3月末から?4月に入ってから?


それはスピリチュアルではなくカルトと言われる領域かもね。

という事に関しても

もう心配するのをやめました。


今までは、言わなくても「こりゃ厄介な事になりそうだな。」「気がつくと良いな」と私が勝手に思う事がありましたけれど、

そんなの余計なお世話ですから。(笑)


親御さんがお子さんに「ゲームばっかりしてると」とか「テレビばっかり見ていると」と思ったり、言ったりするのと同じでしょうね。


それはスピリチュアルではなくカルトと言われる領域かもね。

という事に関しても。と書いたのは

  • 自分がお留守になること
  • 白魔術・黒魔術の類でしょ?

と思うようなことが、軽い感じのスピリチュアルみたいなことに化けてしまったようにしか私には思えないという極めて主観的な分野なんですね。

これらは時々、人間のとても大切なものを傷つける時があるように感じるからです。

明らかに様子が変わっていく様も拝見したことがある。


これらの「その先」について、どうなっていくのか?ということはそれこそMy脳内データバンクに蓄積されたものがありまして、当たるというか、それなりの確率の傾向のようなものを薄っすら知っているような気持になったものですから

老婆心やプチ親心のようなものが発動しちゃうことがありました。


しかし、そういった事も、その方の好みだし

貴重な人生体験をコントロールしたくない、できないので

ほぼ言わない。

こうやってブログには書く時があるけど。(笑)

クライアントがご相談内容としてテーマを持ってこられたら、おそらく沢山対話をすると思いますが。



時々質問されるんですよね。

「深層リンパドレナージュ(ヘッド&フェイシャル経絡トリートメント、キネシオロジー)を行っている際にいろんな変化があるけど『気』を送っているんですか?」と。

答えは「そういうことは一切しませんし、それはやらないこと。というルールでやってます」と。


無意識で『気』が影響し合うということはあるでしょうが、「気を送る」という事は意図しないのがルール。


もし私がお伝えした受講生さんが「私は気を送りながらやっています」とおっしゃったら

すぐさま「それはやめて欲しい」とお伝えするでしょうね。

現在のところ そういう方はゼロですから言った事がありませんし、講座の際も「気を送るようなことは一切しないでね」とお伝えしています。


それをしたいなら、クライアントの了解を得て、施術とは切り離してやってね。と。


この話をして、「気を送らないなら安心です。勝手にやったり やられたりするのは嫌なので」という方もいらっしゃるわけです。



「良かれ」「覚醒しそうだから良かれ」「大きなものとつながりそうだから良かれ」と

「願いが叶いそうだから良かれ」と

人それぞれ「良かれ」と思う事が違いまして、

勿論私にも「良かれ」があるのです。


ただ、「それをしないほうが『良かれ』」と思う事があると

それに反応していたのですが

そのジャンルの老婆心も人様の人生を信頼することにして、もうやめる事にしました。


今回みたいにまとめたくなったら

このようなブログやホームページのコラムには書くと思います。

今起きている事象について思う事という意味で。



ただ、「それをしないほうが『良かれ』」とか「頃合いの引き際」みたいなものを思う事があると

それに反応しちゃってたのですが、

こういった事もきっと「嗅覚」の1つだろうと思っていて、

同じ嗅覚を持った方は私の人生で時々登場します。

正解とかどうとかではなく、「嗅覚が似ている」という事です。

この手のことに関して価値観が似ていると申しましょうか。


その様な方と笑うのは

「きっと前世で『やっちゃいかん』と心の底から思うようなことを自分がしたのかな?もうこれには手を出さないと嫌というほど痛い目にあったのかな?と」(笑)


嗅覚があったら失敗しないわけでは無いんです。

気持ち早めに撤収できるという程度かもしれません。

それが耽溺という言葉を使った理由ですから

耽溺本来の

「(よくない事に)夢中になって、それ以外の事を顧みないこと。」という意味合いではありませんでした。


そうですね、

深みにはまる前。という表現が近かったですね。



何も言わないまま、その後、「あぁ 言わなくて良かった」と思う事も度々ありまして、

基本言わない。ということは引き続き同じでしょうが

心の中の老婆心も

や~~~~~めよっと

と思った次第です。


転ぶ前から手や口を出すのは

愛情では無くて過保護だという方もいらっしゃいます。



まぁ遠からずそんな意味だと汲んで頂ければ大変うれしいです。

わたくしは誰の親でもないわけですが。

沖縄と名古屋で自分の内なる宇宙を思い出す総合施術・ヒーリング「こすも」™️

各種キネシオロジーとオステオパシー、タッチなどの総合施術による「内なる大宇宙につながる・ヒーリング【こすも】」を始めました。本来の自分と乖離しているように感じる方に「内なる宇宙」を思い出し、内外の統合を取り戻すサポートをしています。「自分の生」「純粋な感性」「自分との調和・統合」の体験をオススメしています。自己内外一致で生き易くなります。 心理・心体カウンセラー™ 武田美紀。