「こすも」の体験記ではありませんが、体も面白いのでシェア


↑ 個人セッションの体験記ではありませんが、

講座中に感じた体の変化が面白かったので、

こちらでもシェアします。


これは講座中ですが

施術の最中に起きた興味深い体験をこのサイトにいろいろ書いています。

体の反応も興味深いですよ。


必要な自己修復は人それぞれなので体験も通り一遍ではないです。

しかし、

体験記を読んで、疑似体験したものとはちょっと違うと思います。


自己修復ってそういう事ではない。


体験記を読んでのそれは、共感能力などによる疑似体験に過ぎないのではないかというのは私の推論です。

(思い込みって書くと嫌な気持ちになるかもしれないですが、

人間にはそういう「体験したいことを創りだす」というような事を脳で起こすことが出来るんですよね。しかし、それもしっかりと体験なのだとは理解しています。

脳が感じたことですから。

ただ、それと、自己修復とは100%一致しないのではないか?という意味で書きました。)


こちらのサイトで以前書いた記憶がありますが

私は施術中にまるでピアニストになったような気持になることがあります。

その時に記事はこれです。

先日、ピアノ演奏に関する本を読んでいたら

あら、やっぱりよく似てるのね(◎_◎) と非常に驚きました。


2015年の記事の答えを知ったような気がしましたね。

答えを探していたわけではありませんが、なんだかそんな気がしました。


また、

クライアントは音楽を、私は映像を。という二人の共同作業の時もありまして、

ふと、あの映像はこういう意味なのだろうか?と脈絡もなく脳裏に浮かびました。


その時の記事です。


それは、クライアントのDNAのどこかに含まれている

多次元というか、異次元というかの記憶が

ふっと沸き起こったのではないだろうか? という仮説です。


こういった話は、これが当たり前という考え方のグループの方には

すんなり頭に入る話でしょうが

もう全くのカルトという捉え方をするグループの方には

眉唾どころか憤懣スイッチが入る話だということは理解しております。


これまでは、もう少しこういった事を控えようという気持ちがありました。

妙な影響力を発揮してもいやだし。と。


あくまでも、面白い推論ですよ。とちゃんと断れば 

もうちょっと書いても良いかな~という気持ちの変化がありましたので

書いてみました。


ホームページのコラムに

「統合」ということについて書くつもりにしていて

「書こうと思っています」と意思表明をして2~3か月経ちましたが、

上の2つの2015年の体験記を前触れなく思い出して考えたことは

「統合」ってどの範囲までだろうか?ということでした。



総合施術「こすも」を行った際(時として、総合ではなく1つの施術だけでも起きますが、総合の方がやはり良いようです。)

この体からのアプローチがクライアントの回復の追い風になりますと

それはやはり「統合が進む」ということにもなるようで、

どの範囲までの統合が関わっているのかは、それこそクライアントの心体が選択することだと感じます。


必要なら、

クライアント自身の意識が届かないところ、

記憶が思い起こせないところ、

遥か彼方、

または遥か内面深くへと縦横無尽にその影響が及ぶのだろう。ということを。


多次元とするならば、時間も関係ないということになってくるでしょうからね。


名古屋でも「こすも」をいたします。

ご希望の方はお申込み下さい。


沖縄と名古屋で自分の内なる宇宙を思い出す総合施術・ヒーリング「こすも」™️

各種キネシオロジーとオステオパシー、タッチなどの総合施術による「内なる大宇宙につながる・ヒーリング【こすも】」を始めました。本来の自分と乖離しているように感じる方に「内なる宇宙」を思い出し、内外の統合を取り戻すサポートをしています。「自分の生」「純粋な感性」「自分との調和・統合」の体験をオススメしています。自己内外一致で生き易くなります。 心理・心体カウンセラー™ 武田美紀。