トンネルはどこへ続く?

今回ご紹介する体験談については、早い方でも4回、5回、6回と施術を受ける間隔を1か月以上空けずに受けて頂いた方ばかりなので、やはり継続してセッション・施術を受けて頂くことで自己の統合が一層進むのだなぁと私が感じる所以です。こういった変化が進んで参りますと体感も増え、お客様自身で「これはやはり核心にどんどん近付いているのだなぁ」と自らお感じになるようです。


1つの表現は「目覚め」と言う事かも知れません。「覚醒」とも言えますでしょうか。深部の自己の統合ということでもあるように思えて仕方がありません。


回りくどくなりましたが、継続的に心身のメンテナンスにお越しになって頂いている方の現在の割合ですと70~80%のお客様は「宇宙」や「光」云々は当たり前でして、そのうち御自分がどういった存在なのか?なにが使命か?自分が価値を置いている本筋のようなものに気がつかれる傾向にあり、はたまた、「トンネル」という表現しか思い当らないような所へ入って?いかれます。そこに入られたら私はしばらくお別れです。どうもそこはお客様ご本人だけが ドコカ へ行けばよいから(わたくし武田は伴走者のような時もあるようですが、このトンネル状の先へは今までは伴走したことはありません)私は情報をキャッチするようなことはありません。SF映画が好きな私にはその穴?トンネル?=「ワープ」というイメージに襲われます。ワープした先はどこでしょうね?


施術をしている私はこれが最初現れた時は「どこに通じているの?」と思いましたけれど、回を重ねるうちに「お客様御自身だけが到達したらいい場所なのだ」と勝手に理解しました。もともとヒーリング自体がそうなのですが、その中でも「核」「コア」に感じる場所があるのではないかと今は理解しています。そこにはどうやら「トンネル」みたいな通路を通っていくというイメージが私には湧くのでしょうが、不思議なのはお客様自身も「トンネルに入った」とか「筒のようなものに入ってどこかへワープした」というような記憶がある事です。


興味深いことこの上ない。


なにかヒーリングをする際に薬を飲むわけでもなく、退行催眠をするわけでもなく、始まる前までは普通に笑ってて、飲み物は基本「水」か「白湯」。トリップのようなことでもなくて、言って見れば極めて健康的な状態なのです。その状態でのお客様と私のこの共通認識が興味深いですね。


現在の割合ですと70~80%のお客様は「宇宙」や「光」云々は当たり前と前述しましたが、母数がもっと増えましたら割合も変化するのかもしれません。全てが今日現在の体感や感想、理解であるとお考えいただいてお読みください。


単回の施術だけでは返って勿体ないと私は思いますが、ご判断はお客様にお任せする以外ありません・・・。


文頭の花のトンネルだと可愛らしいのですがちょっとイメージが違います。下のこの写真の方がワープっぽさが出ているようでしいて言えば ↓ 近いのはこちらかな。

沖縄と名古屋で自分の内なる宇宙を思い出す総合施術・ヒーリング「こすも」™️

各種キネシオロジーとフェイシャルキネシオロジー、オステオパシー、タッチによる「内なる大宇宙につながる総合施術・ヒーリング【こすも】」を始めました。本来の自分と乖離しているように感じる方に「内なる宇宙」を思い出し、内外の統合を取り戻すサポートをしています。「自分の生」「純粋な感性」「自分との調和・統合」の体験をオススメしています。自己内外一致で生き易くなります。 心理・心体カウンセラー™ 武田美紀。