私が聞こえたケース

前回はお客様が歌を聞かれたケースでした。今回は私が聞こえたケースです。
耳の奥で、いや、脳の中なのかな?まぁとにかくその辺りで旋律が聞こえ始めました。
施術中に流している音源とは異なります。女性の美しい歌声のような、私がそのものを知らない楽器のような。無目的な音ではなくて、言葉にするとやはり旋律があるんです。美しい鼻歌というべきか。
歌っているのか、奏でているのは女性だというイメージは揺らぎないのです。毎回書きますが意味はわかりません。
お客様には聞こえなかったそうです。前回の記事とは逆で、お客様は何か映像を見られていたかも知れませんが、特に覚えていないということだったと記憶しています。
ただ、また別の記事で書きますが、今度は鼻歌つながりでまた別の体験があるのです。いやぁ、こうやって書くと今まで色々有ったんだなぁ。と感慨深いです。