タコ人間な気持ち

昨日久しぶりにこのサイトに記事を書いて(記事を公開した後 内容を少し書き足しています)

その流れで以前書いた記事をいくつか読み返しました。


自分の文章を読み返して思った事は、「硬い」と感じたことと

伏線や遠回しな表現が多くて 分かりづらい。


これからは、そこを改定していきたいと思っています。


早速、今日も参りましょう。


今日の内容は、私とクライアントの共通認識があった出来事です。


総合心体カウンセリング™ (最初に「こすも」と名付けた総合施術のことです)をオーダー頂いたので、お話を伺って行う心体カウンセリング™ が約1時間。その後、施術ベッドに横になって頂いて主に体から回復へのアプローチを約1時間行いました。


施術をしていた私からは それほど特徴的に体が動いているように見えないのですが

クライアントは施術中体が活発に動くのを自覚されていたそうです。

傍からは動いていないのに、ご本人がそう感じることはあります。


「気」を整えることをすると、見えない部分が変化していくので、それを五感では感じられるけど現実的に視覚では捉えられないという事があるんですよね。


手足の関節が「自分ではこんな風に動かせない(角度やねじれ)」と思う感じや

自分でブルブル筋肉を動かしたってこんなに細かい振動などできないと思うような動きを感じるのです。


私はこれを施術を受けた日の晩、就寝中に感じました。

体の異変を感じて目が覚めたのです。

その位体は活発に動いていました。

夜中に自分の身体の不思議な活発な動きで目が覚めた私は

「今、私の体は タコ人間になったように不思議な動きをしている」と認識して まもなくまた寝入ってしまいました。


この時のクライアントは

施術後にそのまま少し横になって頂いている時に

私がかつて感じたような「体の動き」を感じたそうです。


「施術が終わった後の方が 体は活発に動きますね」とおっしゃっていましたから、

その点は私と同じですよね。

その日の夜なのか、終わってすぐなのか という違いでした。



この時は他にももっと興味深いことがあったのですが

現在は書くことを躊躇っています。


沖縄と名古屋で自分の内なる宇宙を思い出す総合施術・ヒーリング「こすも」™️

各種キネシオロジーとフェイシャルキネシオロジー、オステオパシー、タッチによる「内なる大宇宙につながる総合施術・ヒーリング【こすも】」を始めました。本来の自分と乖離しているように感じる方に「内なる宇宙」を思い出し、内外の統合を取り戻すサポートをしています。「自分の生」「純粋な感性」「自分との調和・統合」の体験をオススメしています。自己内外一致で生き易くなります。 心理・心体カウンセラー™ 武田美紀。