憑依ということ

時々、前回の記事とは違うジャンルの

「これは何だろう?」という現象を【感じた気持ちになる】時があります。


あまり気持ちの良いものではないようですが

正体は知りません。


あると思えばある、無いと思えばない。

前回の記事と同じです。


まぁ現象は現象として

解決方法はあるのかな?と思うわけです。

私は除霊などをするスキルはありませんが

施術中にそれらが 離れていくようなイメージが湧くときもありました。


ご本人もそう感じたと思う場合の方が多かったけど

私がしているのは除霊ではなくて

「健康」を目的とした手技です。


数少ない経験をよくよく考えてみるんです。

何が起きたのか? と。


複雑さのバリエーションは数限りなくなるので

ここでは物事をシンプルに考えてみました。


それは、

やはり「健康」というものはシンプルな言葉ではあるけれど

「無意識下の健康」というようなものがあるのなら 

それに越したことはなさそうだ。という事でした。


誰にでも光も闇もありますが

それとは別に

自罰思考や、

自分の思い通りにならない世の中への呪い、


結局は自分が痛むのに、

こんな私にした責任は〇〇にあるのだ。と

苦しみの解決には繋がらないけれど手放せない ナニカに対する仕返しへの執着。


自分のこのような痛みは〇〇のせいだ。と、もうその〇〇はあなたの苦しむ姿を見ることは無くても

また、あなたの苦しむ姿が仕返しをしたい本人に罪の意識を持たせることが出来なくても

それでも身を切って仕返しだと思う事をせずにはいられない。

本当は理解して欲しい、認めて欲しいという執着。


そして、それをしている自分に気がつかないこともそうですが

正当化している思考。

他にもいろいろ考えられますが、あくまで推論です。


度々除霊をしても余り好結果を得られないのならば

ご本人が「私は一度試しに 心体健康になってみよう」とお決めになって

それを行動に移すことが最適な解決法かと思います。


多分、ゼロにはならないかも知れないけど

回数は減るような気がします。



行動とは

セッションを受けることもそうです。

自分の思考や行動と向き合うこともそうでしょう。


心理を自分一人ででも研究せずにはいられない私は

従来通り憑依自体は霊的なものとしておくにしても

それを招く、または拒絶できない、拒絶しない「心理」を考えるわけです。


先ずは「自分自身でいる」ということを願っているのか?とも思うし

なにかの能力への依存か?とも頭をよぎることもあります。



だからこそ

心体カウンセリングがお役に立つとも思っています。

先ずは「自分自身でいる」ということを願っているのか?

なにかの能力への依存か?

ということも、アンバランスがあるのなら 

思考のバランス調整をして

冷静に自分を見つめてみる時間を増やすという事をお薦めしたいからです。


そして、憑依などのケースは

深層心理の反応として

それ以上「健康を望まなくなる」というケースもあるようです。


分かりやすく書くと、憑依が改善することから逃避するということ。

いろいろな理由をご本人もおっしゃいますが

なにかスッキリしないけれど今の状態で良し。と結論を出されることです。


以前は、

もう少し「心体の健康づくり」というものに意識を向けて欲しい。と正直思いましたが、

今はそれらも含めて大抵のことを

「それを望んでいるんだ」と思うようになりました。


これはメインブログでも時々書いていますが

私の個人的な「良かれ」は

私以外の方に「良かれ」とは限らない。


それは私自身もそうです。


頼まれてもいない

ご本人が望んでもいないのに

その問題に関わる事はやめています。


そ・れ・は 

押し売りになると思うし

ご本人が(それが私の課題ならば 私が)「いっちょう それに取り組んでみよう」と思う


この場合でしたら

憑依のようなことを改善したい


という心構えの影響が大きいことを実感するようになったからです。



それに、自分の行動パターンを変えるんだ。とういう気持ちが無いままに

誰かに何とかしてもらおう。ということは

同じことが繰り返されて、

結局変わらない(この場合でしたら 憑依を除霊しても除霊してもまた憑く)という事ではないだろうか? と特に霊的な課題ではなくても同じパターンを繰り返すパターンの1つであろう。

う思う事もあるんですね。


自分はなにも変えたくない。

が、しかし幸せになりた。


もし、今幸せになりたい。と思う気持ちがあり、

幸せ感がないのでしたら

同じことをしていてはおそらく 変わらなくて同じでしょう。

ということは

幸せを感じることは近づいてこない?


自分が小さな変化だとしても

何ができるのか? ということを始めることが

今回のタイトルの「憑依」ということを

少しでも軽くする1つの方法ではないかと思います。


ですから

私が「不思議」と勝手にカテゴリ―わけしていることは

時として人の成長を阻むこともあるのではないかと思っているので

不思議ならなんでもOK という事には私の場合はなりにくいわけです。


不思議すらも ちゃんと「見る」。

憑依という現象だけの対処ではなく

(それでは結局繰り返す率が高いままのように感じるため)

ご本人の心理こそお手当が必要だろうということは強く思っています。



「憑依」という事からの離脱は時間がかかるでしょう。

ご本人が変化をしないままでは繰り返すことが多いようですから。


心から 質も量も十分なお手当をお薦めしたいです。


良いとか、悪いとかではなくて

「本当にお困りなら」心体のお手当を自分の為にしてください。


見た目も変わりますよ! きっと(^^)


沖縄と名古屋で自分の内なる宇宙を思い出す総合施術・ヒーリング「こすも」™️

各種キネシオロジーとフェイシャルキネシオロジー、オステオパシー、タッチによる「内なる大宇宙につながる総合施術・ヒーリング【こすも】」を始めました。本来の自分と乖離しているように感じる方に「内なる宇宙」を思い出し、内外の統合を取り戻すサポートをしています。「自分の生」「純粋な感性」「自分との調和・統合」の体験をオススメしています。自己内外一致で生き易くなります。 心理・心体カウンセラー™ 武田美紀。