リラックスしていることって大切なんだろう

今日の記事は、最初昨日の記事に含まれていました。

後半にくっ付いていたんです。

しかし、内容がぼやけちゃいそうで分解しました。



マジカルツアーの際は、

クライアント(というのは、こういう場合は合わないですか?)と一緒にいるときに「(クライアント個人に)なにかが降りてきている」というような出来事が多いのですが、

それについて、以前、独りじゃなくて、二人でいることも作用するのかもしれないと書きました。

するかもしれないし、しないかもしれない。 私が「降ろす」わけではなく自然発生なので、ナニカを受け取りやすい「場」ができやすいのかもしれません。


独りのときと、二人の時は降りてくるものが違うかもしれないし、感じ方が変わるかもしれない

独りでも同じかもしれない。

同じ時間は来ないので、単純に比較できません。

その時、その瞬間、その「場」があるのは、セッションや施術と同じです。

空模様とも同じ。

海の中も同じ。

私達を取り巻く環境もそう。



そして、それをちょっと私なりに思いめぐらしたんです。


1つは、身構えが無い時や、身構えしてない時が良いようです。


頭の中で「その先を想定していない」「起きるままを受け止めている時」です。



ですから、

「私は感じやすいから 今から行くところでなにか貰ってやるぞ」「感じてやるぞ」というそのリキミが感性を邪魔すると度々書きますが、マジカルツアーも同じだと思っています。


感性に自信あり。腕に自信あり。というようなエゴは、リキミに直結しやすいように思います。


のほほ~~~んとしてる。


リラックス。


簡単な言葉ですが奥が深いんですね。


リラックスしている「つもり」では、もう一息! というところでしょうか?


枠を外すと 感性も変わります。

そして、もっと、もっと! と執着しないことも大切なんでしょうね(^^)









沖縄と名古屋で自分の内なる宇宙を思い出す総合施術・ヒーリング「こすも」™️

各種キネシオロジーとフェイシャルキネシオロジー、オステオパシー、タッチによる「内なる大宇宙につながる総合施術・ヒーリング【こすも】」を始めました。本来の自分と乖離しているように感じる方に「内なる宇宙」を思い出し、内外の統合を取り戻すサポートをしています。「自分の生」「純粋な感性」「自分との調和・統合」の体験をオススメしています。自己内外一致で生き易くなります。 心理・心体カウンセラー™ 武田美紀。