マジカル写真 補足 プロカメラマン編

先日、マジカルフォトについてご意見をお聞きしました。ありがとうございます。


写真に写っているのは「想念」というご意見でした。

そうかもしれません。

いや、本当にそうかもしれません。

が、しかし証明する方法はわかりませんので、いつも通り、「分からない」というままで当面は良いと思っています。


その時の理由に

「だから、プロの写真家の撮る写真には(マジカル的なものが)写ったものを見たことない。」という理論の流れだったのですが

その時はちょっと言葉を飲み込んでしまったんですが

実はプロの写真家の方の「不思議な光が写り込んだ不思議写真」というような個展が開かれていて、以前マジカルフォト先生とその個展を見たことがあったんです。


光の種類は違いますが、説明に「天使か?」と書いてあったような気がします。

(もう覚えていません。)

しかし、天使の形はしていますが、目鼻があるわけではなく「光」でした。



わざわざそれを見に行ったのではなくて

たまたま神社へ行ったときに、敷地内に併設されている展示場で

「プロのとった不思議な光の写真展」が開催されていたんですね。

その当時 私はまだマジカルフォト先生がマジカルフォトを撮っていることを知らなかったので(多分 当時はまだ見たこともなかった)、

この展示会に興味を示すマジカルフォト先生に対して


へぇ~~こういったことに興味があるんだ。


と、思っていた程度でした。


その後、マジカルフォト先生の写真を見るにつけ

立派? な写真ですので

マジカルフォトについては、あのプロの写真家の方の光の写真よりもマジカルフォト先生の方が見ごたえがあります。


私は個展などを見ると半券を「なんでもノート」に貼りますので

探したら半券があるはずですが

終わった「なんでもノート」って何冊も結構ぎっしり書いてあったり貼ってあったりするので探すのが手間なので体験の記載になりますが個展が開かれていたのは本当です。


プロの写真家の写真に「映り込んだ」と表現されていたように記憶しています。


世の中にはいろいろなことがあり、説明ができないこともあるんじゃないかな? と思った次第です。

沖縄と名古屋で自分の内なる宇宙を思い出す総合施術・ヒーリング「こすも」™️

各種キネシオロジーとフェイシャルキネシオロジー、オステオパシー、タッチによる「内なる大宇宙につながる総合施術・ヒーリング【こすも】」を始めました。本来の自分と乖離しているように感じる方に「内なる宇宙」を思い出し、内外の統合を取り戻すサポートをしています。「自分の生」「純粋な感性」「自分との調和・統合」の体験をオススメしています。自己内外一致で生き易くなります。 心理・心体カウンセラー™ 武田美紀。