長く落ち込んでいると オマケが・・・


落ち込んだり、弱ったりしている時

心の隙間がぽっかりと空いているときなどは

現実的にも霊的にもいろいろなものが入り込んだりします。


でも、出し方がわからない。


現実的なことならまだしも、霊的ってどうするの?と思いませんか?

セージを焚いて入り込んだものが出ていくのなら簡単ですが。


そして、私はこういった事に関しては非常に一般的な体験というか知識しかありませんでしたが心体カウンセリング™ を始めてから感覚器の能力が伸びたらしく あれ?なんか憑いてる?と感じることが増えました。


が、しかし、

通常はお悩みのご相談にいらっしゃったり、心体のメンテナンスにいらっしゃいますから

ご相談にいらした目的についてお話を伺い、心体カウンセリング™ をします。

総合施術「こすも」で身体に触れる施術に移った時にご本人ではないナニカを感じることがあります。


入り込んでいたり、くっついていたりです。


私が人間の神秘を感じるのは、総合施術「こすも」を行って、心と体の回復力を取り戻し、

それらを跳ね返す力が付きますと それらは身体から出ていったり、外れたりするようなのです。


以前、キネシオロジー心理カウンセリングだけで心体カウンセリング™ を行っていた時は、

それらが体外へ出たように感じる時も まだ残っているように感じる時も両方ありました。

触れる時間が長くなった施術をするようになり、理由は分かりませんが私にも「出た」「外れた」という感覚を以前より捉えられるようになりました。(正しくは 捉えられているような感覚がする。です)


以前は感じなかった、ナニカが体外へ出るのを抵抗しているような感覚までも先日は感じました。


経過は省きますが、相談者ご本人も私も 一度そのナニカが出た感覚があったのですが

(相談者さまが非常に落ち着いた方で)

「また何か他のものが見えるけど・・・・」と教えてくださいました。

それは 握手を求めるように見える「手」だったそうです。


私にはそれが見えなかったのですが、

「違和感が少しでもあるのなら受け入れないで」とお伝えしたら

「???? なにか・・・なにかがおかしい・・・・」と思ったそうです。

「それならば拒否してくださいね。」とお伝えしたら

一度は差し出された手を握ろうとしたけれど、やっぱりやめたと手を引っ込められました。


まるで助けるかのように手を差し出していたナニカが、相談者様が手を引っ込めた時に

「バレたか」(良いもののふりをしたけどバレたか。体内再潜入失敗の意味)と言ったそうです。

私には聞こえませんでした。


念には念がはいったケースでしょうし、なんとも感慨深いものがありましたが

相談者様曰く「自分をまずしっかり持つことですね」とおっしゃっていました。


私も同感です。


私も以前 なにかくっ付いていたことがあり、人様の力を借りて取ってもらいましたので共感いたします。くっついたときの私は 自分の周り(外見、外観、外面)は取り繕っていましたが、心にはすぅすぅと風が吹いていました。

隙間があった自覚もありありでした。


自分のメンテナンスというものの大切さを このような体験・経験からもとても実感している次第です。

これらの場合は、独りより二人が良いケースですね。(セルフよりセッション)


ちなみに、私の場合はなにかが外れた後以降の方が、自分の人生を歩いているような実感がわきました。

因果関係は証明できませんが、今に繋がる必要な情報が入ってきたのもその後だし

想像もできなかった自分に気がついたのもその後です。


こういった 何かを含めた余計なものは外して

自分自身だけのシンプルな存在になるということも大切なのでしょうね。


この時の相談者さまも

自分のやりたいことと、向いている事に専念することにします。とおっしゃっていました。


末永くお幸せに!



沖縄と名古屋で自分の内なる宇宙を思い出す総合施術・ヒーリング「こすも」™️

各種キネシオロジーとフェイシャルキネシオロジー、オステオパシー、タッチによる「内なる大宇宙につながる総合施術・ヒーリング【こすも】」を始めました。本来の自分と乖離しているように感じる方に「内なる宇宙」を思い出し、内外の統合を取り戻すサポートをしています。「自分の生」「純粋な感性」「自分との調和・統合」の体験をオススメしています。自己内外一致で生き易くなります。 心理・心体カウンセラー™ 武田美紀。